Press "Enter" to skip to content

病気との関連を明らかにできれば特許取得も可能

細胞がとりまいて

日本人の胃ガン発生率はアメリカ人の十倍腸相は肉食文化の影響でアメリカ人のほうが悪いのですが、胃相はじつは日本人のほうがアメリカ人より悪い人がはるかに多いのです。私はアメリカ人と日本人、両方の胃を診ていますが、胃の粘膜が薄くなる萎縮性胃炎になる人は、私の臨床経験では日本人のほうが二十倍近くも多いのです。そして、萎縮性胃炎は胃ガンを発生させることが多いため、胃ガン発生率も日本人のほうが十倍も多いのです。現在、アメリカも日本も肥満は大きな問題となっていますが、アメリカ人のような太り方をしている日本人はあまりいません。じつは日本人はあそこまで太ることができないのです。そのことは、太ることが義務づけられているお相撲さんの世界でも、小錦のような体になれる日本人力士がいないことからもわかります。
日本人があそこまで太れないのは、そこまでいく前に胃を悪くして食べられなくなってしまうからです。
まり、アメリカ人があそこまで太れるのは、それだけ消化器官が丈夫だからといえます。
つ内視鏡で胃を診ていて不思議に思っていたのですが、日本人とアメリカ人では、症状の感じ方にかなりの差があります。日本人は診てみるとたいした病状でもないのに、胃の痛み、不快感、胸やけなどの症状を訴えることがとても多いのです。ところがアメリカ人は、胃や食道の粘膜がかなり荒れていても日本人ほど胸やけを訴える人はいませんこうした違いが生じる理由の一つに、食事に含まれるビタミンAの量があります。ビタミンAは、胃に限らず目や気管などあらゆる粘膜をプロテクトする働きをもっています。そうしたビタミンAを多く含んでいるのはです。日本の食事も欧米化したとはいえ、油やバターなどの乳製品、卵などの摂取量はアメリカ人にははるかにおよびません。

  • 検査に軽い異常があって発見されます。
  • 認知症がミックス
  • 認知症に詳しい

薬なしでも眠れるような工夫をしてみるべきでしょう。

こうした食物は、体全体の健康を考えるとよくないのですが、粘膜のプロテクションという意味においては効果があるのだと思います。アメリカ人の胃腸が丈夫な理由として、もう一つ考えられるのが消化酵素の量です。消化酵素というのは食物を分解し、体内に栄養素を吸収させる働きをするエンザイムのことです。食べ物の消化吸収のよしあしは、この消化酵素の量で決まります。消化吸収は、唾液、胃、十二指腸、膵臓、小腸と消化の段階にあわせてさまざまな消化酵素が出されることにより段階的に進みます。その際に、各臓器で消化酵素が充分に分泌されていれば消化吸収はスムーズに進みますが、消化酵素の分泌量が不充分だと、消化不良を起こし臓器に負担がかかってしまいます。

だえき日本人の多くが、胃粘膜の状態がそれほど悪くないのに、胃痛や胃もたれなどの症状を感じやすいのは、化酵素の量がもともとアメリカ人よりも少ないからだと考えられます。消さらに、日本人は胃の調子が悪いとすぐに胃薬を服用しますが、アメリカ人は胃薬をあまり飲みません。彼らが飲むのはサプリメントの消化酵素です。これは日本では市販されておらず、必要に応じて医師が処方するようになっています。しかし、アメリカでは消化酵素は非常にポピュラーなサプリメントで、健康食品店で簡単に購入できるうえ、毎日飲んだとしても1か月14ドル約二千円程度しかかかりません。
そしてじつは、この胃酸を抑える薬をすぐに服用するということが、日本人の胃を悪化させるのにさらに拍車をかけているのです。病気との関連を明らかにできれば特許取得も可能

うつ状態が統合失調症の始まりということも。
うつ状態が統合失調症の始まりということも。

ストレスはひどくなるだけでなく

最近日本で人気の高いH2ブロッカーや「プロトンポンプインヒビタープロトンポンプ阻害剤」配合の胃薬などは、胃酸の分泌を抑える働きが高いことを売りにしていますが、胃酸を薬で抑えてしまうと、胃粘膜は萎縮してしまいます。胃粘膜の萎縮が進むと胃ガンへと発展していくことは、す。でにお話ししたとおりです。ですから、胃もたれや胃痛を感じる人は、医師にきちんと自分の体調を伝え、症状にあわせたエンザイム.サプリメントを処方してもらうようにしてください。また、最近は日本でも海外のサプリメントが購入できるようになってきているので、安易に市販の胃薬抗酸剤·制酸剤を飲むのではなく、エンザイム·サプリメントを上手に活用するようにしてください。消化エンザイムのサプリメントを飲むことで、胃の具合は充分に改善されます。胃薬を飲めば飲むほど胃は悪くなる人間の体には非常に強い酸で保護されることによって正常に機能する場所が二か所あります。一つはもう一つは女性のです。この11か所はどちらもpH·五S三という強酸を示しますが、なぜこれほど強い酸が出ているのかというと、一つはばい菌を殺すためです。
お風呂に入ったり、セックスをしたりすると、女性の膣にはどうしてもばい菌が入ります。
てくるばい菌を殺すために、膣では強酸が乳酸菌によって作られているのです。

そうした侵入し一方、胃にもさまざまな食物とともにばい菌が入ってきます。食事のたびに胃に入ってくるばい菌の数は三千億とも四千億ともいわれています。そうした膨大な数のばい菌を胃液に含まれる強酸がその大部分を殺してくれているのです。つまり、この二か所はどちらも外部から侵入してくるばい菌を殺すために必要だから強酸が出ているのです。
体を守るために必要不可欠なその胃酸を薬で抑えてしまったらどうなるでしょう。胃をフリーパスしたばい菌の中に毒性の強いものがあれば、下痢やさまざまな病気を引き起こしてしまうでしょう胃薬が体に与える害はそれだけではありません。胃酸の分泌が抑えられてしまうと、消化酵素を活性化させるペプシンや塩酸が不足し、消化不良を起こしてしまうのです。

認知症がどんどん進行してしまうのです。

また充分な胃酸がないと鉄やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルの吸収が阻害されます。胃潰瘍や胃ガンの手術を受けた人は必ず貧血を起こします。が、それは胃を切除したことによって胃酸が分泌されなくなったためなのです。
さらに、胃酸を抑えてしまうと、腸の中の細菌バランスが崩れ、免疫力を低下させてしまいます。人間の腸のなかには約三百種、百兆個といわれる膨大な数の腸内細菌がすみついていますが、そのなかにはビフィズス菌などのいわゆる善玉菌も、ウェルシュ菌のような悪玉菌も含まれています。腸内細菌のなかで大多数を占めているのは中間菌といわれる、もともと善玉でも悪玉でもない菌です。これらは腸内に善玉菌が増えれば善玉菌になりますが、逆に悪玉菌が増えれば悪玉菌になってしまうという性質をもっています。
ですから善玉菌と悪玉菌のバランスが、腸内環境のよしあしを決めているのです。胃酸の分泌が不充分だと、消化酵素が活性化できず、食べ物は消化不良の状態のまま腸へと進みます。そのため本来なら腸で消化吸収されるはずの食べ物が、不消化物として腸内に残存してしまいます。人間の腸内の温度は三七度近く、これは真夏の暑さに匹敵します。そんな環境に食べ物のカスが残っているのですから、当然のごとく腐敗·異常発酵が起きます。

検査で発見できます

これにより腸内では悪玉菌が異常繁殖し、免疫力が低下してしまうのです。そのようなところに、さらに胃で食い止められなかったばい菌が入り込んでくるのですから、らないほうが不思議かもしれません具合が悪くなこのように、胃薬を飲めば飲むほど体はダメージを負っていきます。
では、どうしたらよいのでしょう。答えは簡単です。胃薬を飲みたくなるような胸やけや膨満感が起きないなぜ胸やけや膨満感が起きるのかを知っていれば、ようにすればいいのです。
ぐことができます。それはちょっとした心がけで防胸やけは、食道に胃酸が逆流してくることで生じます。もともと食道というところはアルカリ性になっているので、酸には弱い場所なのです。そのため普段から人間は、胃酸が上がってくると、無意識のうちにアルカリ性の唾を飲み込むことで、逆流してきた胃酸を洗い流しているのです。
しかし、食べすぎや消化不良などによって、唾では洗い流しきれないほどの酸が上がってくると、食道にびらんというひっかき傷のようなただれができてしまいます。そこにさらに胃酸が来ると、傷口にアルコールをぬるようなものですから、痛みや不快感を伴う胸やけという症状が起きるのです。胃薬を飲むと胸やけがスーッとひいていく感じがするのは、逆流している胃酸が抑えられるからなのです。つばつまり、胸やけを防ぐには、胃の中のものが逆流してこないようにすればいいということです。それにはまず暴飲暴食とたばこ、アルコール、コーヒーなどを控えることです。そしてもう一つ大切なのが、夕食は寝る四-五時間前には終え、寝るときには胃をからっぽの状態にしておくということです。うもう胃の粘膜には絨毛という小さな突起があり、そこから胃酸が分泌されているのですが、胃酸を抑える胃薬を飲みつづけていると、その絨毛の機能が低下し、どんどん短くなっていきます。これが粘膜の萎縮です。粘膜の萎縮が進むと、胃粘膜が薄くなるため炎症を起こしやすくなり、萎縮性胃炎へと移行します。

薬の副作用を知らないと大変なことになる!
薬の副作用を知らないと大変なことになる!

治療が中心でした。

萎縮性胃炎を起こしている胃は胃酸の分泌が少ないので、ピロリ菌や雑菌の温床となりやすく、ますます粘膜の炎症を悪化させ、最後には胃ガンを発生させてしまいます。
日本人の胃ガン患者の九〇%に感染が認められるピロリ菌ですが、ピロリ菌は胃の粘膜を胃酸から守っている粘液の中や粘膜細胞の中にもぐり込むことができるので、胃酸が出ている人のなかにも感染者はいます。さらにピロリ菌は経口感染するので加齢するほど感染率が高く、五十歳以上の日本人のピロリ菌感染率は六〇七〇%といわれています。ピロリ菌感染が必ずしもガンの発生に直結するわけではありませんが、酸剤を含む胃薬の服用はできるだけ避けたほうがよいのです。ピロリ菌の増殖を防ぐためにも、制薬はすべて基本的に
である日本人は、とても気軽にを服用します。
でも薬はすべて基本的には体にとってだということを覚えておいてください。化学薬品を嫌う人でも、漢方薬なら副作用もなく体に害がないと信じている人がいますが、それも間違いです。漢方薬であろうが、化学薬品であろうが、薬が体にとって毒であることに変わりはありません。
私は十九歳のときにインフルエンザにかかったのを最後に、病気というものにかかったことがありません。
そのため薬もほとんど飲んだことがないのです。私のように何十年も薬を飲まず、酒やたばこはもちろん、農薬や食品添加物の入らない食事を続けていると、少しでもが入ると体は非常に敏感に反応します。たとえば、化学調味料の入ったみそ汁を飲むと、脈拍が110ぐらい多くなり、顔にカーッと血が上っていくのがはっきりとわかりますし、コーヒーをカップに1杯飲んだだけでも、血圧が一0S二0は上がります。私のように少量の薬にも反応する人をいまでは薬品過敏症というようですが、私にいわせればそれはまったくの逆です。


病気との関連を明らかにできれば特許取得も可能 検査を受けたことがある女性は少ないのではないでしょうか。 病気の概念です。