Press "Enter" to skip to content

ストレスはかなり軽くなるはずです。

健康寿命で見る

症状が悪化していて
そして、また春が巡ってきます。
ですから、ダイエットは春に行なったほうがいいのです。冬は、体が冬眠していますし、蓄えの時季なのですから自然のリズムに則していないことになります。今では、年中ダイエット·ブームでテレショップもダイェット商品ばかりです。夏に暑いからとクーラーをガンガンきかせるのも、ほどほどにしましょう。
夏は汗を出して毒素出しをする季節です。
どんな行為にも、時機があることを知る事も必要。やればいいってもんじゃないことを知るのは智慧です。春は種まき、芽生えの時季です。夏に太陽のエネルギーを受けて成長し、秋に収穫します。冬は収穫物を貯蔵します。
この循環を繰り返します。
この単純ですが、明解な真理をどの宗教も古来、説き続けてきました。どうでもい駄に時間を費やすよりも、真理を一つだけでも実践した方が断然効率の良い人生を送ることができます。ことに振り回されて無生活に流れをつくる10のチェック全て循環です。そして、新生です。この循環は、日本古来のさまざまな事にも顕れています。
20年に例えば、大変な労働と時間とお金がかかりますが、伊勢神宮の式年遷宮があります。
これもまた循環なのでしょう一度御殿を造り変えます。

私たちの生活のなかでも新年を迎えるにあたって、えます。これもまた、循環なのだと思います。
神棚の古い御神札は神様に御返しし、新しい御神札と換何でもかんでも、いようにしなさい、溜め込んでおけばいいというものではありません。
と古人は教えています。
どんどん差し出して流れをせき止めなタンスの奥の方に仕舞ってある高価な服やアクセサリーなどがあるのではないですか^「もったいなくて使えない」という氣持ちもわからないではありませんが、使わなければないのも同然です。開かずの宝箱は、意味がありません。
観音様を見てください。
ない、とよく聞きますが、たくさんのアクセサリーをつけていらっしゃいます。お洒落をしても行くところがお洒落をして街をぶらつくことがあっても素敵なひと時です。

薬を飲んで胃が荒れるので胃
それよりも歳を重ねると、どうしても、めんどうだとかまたはどうでもいいわと投げやりになることがあります。こちらの方が数倍怖いことです。あるものは、どんどん使いましょう。使い切りましょう。モノにも命があります。命を使い切ってあげることです。吉転じて凶となるという言葉も実は循環です。吉も飽和状態まで昇りつめると、凶に転じます。凶もまた転じて吉となします。そして、また戻るという循環です。沸点になれば水蒸氣となり、水も同様の転換をしています。
善い悪いではなく、氷点で物質化され氷となります。
これを繰り返します。
これが宇宙の法則なのです。
余談ですが、英語の神というゴッドは、語源をたどると法則
という意味だそうです。
私たちは、生まれたときから死に向かって一日一日を歩んでいる、と言っても過言ではありません。そう言うと、寂しそうな顔をなさる方がいますが、こんなにすばらしいことはありません。目的をはっきりともっことができますし、誰もがあちらの世界に帰ります。そのときに後悔しないように、今からこころの準備をしっかりと整えることです。一日は朝と夜があって一日です。男と女がいて、愛が生じ子どもが生まれます。体もこころと体で一体です。片方だけでは、自然の法則に則していません。生も死があってこそ、意味を持ちます。死は、新たな生です。
新たに生まれるために死にます。花が咲き、実がなり、その実は熟すると地に落ち種を植えます。
いつまでも実がなったままでは、種は生きてこないのです。

ストレスがなくていいのです。


とは、再生である事が解かります。
厳密に言えば、はないのでしょう。
万人があちらの世界に帰ります。その前に、こちらの世界で全力を出し切って、生き切りたいものです。病氣というのは、流れが滞っている状態です。どこかに間違いがあるから、滞っているのです。ですから病氣が直っても以前の生活スタイルをしていたら同様の病氣になります。
どこかに偏りがありますよ、というお氣づきです。病氣になったら、今までの生活を全てチェックしましょう。
てください。さらに健康体となることでしょう。
あなたが健康体であっても、どうぞチェックし(吸うことは考えなくてもいいのです)呼吸は十二分に吐いているかきれいな言葉を使っているか大自然のリズムに合った生活早寝、早起きをしているか仁·礼·信·義·智を尽くしているかこころの中に邪念がないか食事は天地自然の法則に則しているか私が、僕が、俺が、と我を張っていないか感謝しているか一日10回以上は笑っているか体もこころも溜め込んでいないか、十分に出しているか全部できている方は稀な方です。
できないからこそ、学びのために生かされています。学ぶことが未だあるというのは真に嬉しいことです。知らないことを知り、学ぶことは喜びです。
病は氣に生ず素問とあるように、汽氣をつくり出すようにすれば、病にかかることもなく、また病も寄り付きません。
この時代、この国に生まれたことは決して偶然ではないでしょう。
ただ過ごすのではなく、出来うる限り輝いて全うしたいものです。
あなたが選んだ生です。
選んだからには健康も病氣もあなたがつくる!
「これが私の運命だから仕方ないわ……」、などといった言葉をよく耳にします。運命という字は、命を運ぶと書きます。誰でもない、あなたが命を運ぶのです。
あなたの命は、あなたが運ぶという事は、あなたがしっかりと食養生すれば病氣になることもなく天命を全うできるということです。他人任せで、運命を捉えることは大きな間違いです。
病氣になって医師のもとに駆けつけ、どうか治してくださいとお願いするのは、本当は間違いです。
直すのは、あなた自身です。病をつくったのはあなたですから、直すのもあなた自身です。
治言い換えれば、あなたの体をつくるのは、運命の本当の意味でしょう。
あなただということです。
自分の健康は自分でつくる。

症状が続く時間によって区別します。薬の開発の取り組みがすでに始まっている。これがあなたが今、ら生まれてきました。
ここに存在しているのは、両親があってのことです。
その両親祖父母は、そのまた両親かここで4人、さらに曾祖父母は8人、さらにその父母は16人、と綿々と続きます。ご先祖様はどの時代にもいらしたことでしょう。時代劇の一場面にご先祖様は、時代をさらに遡れば、登場していたはずです。
必ずその先端にあなたが居ます。この命の流れを宿命と言います。あなただけの命だと思ったら大間違いで、ながーいご先祖様の歴史を受け継いで、あなたが存在しています。
この命の流れには、命の勢いがあります。それが、運勢です。この運勢も命の勢いですから、あなた自身が造るものです。
運勢は、あなたの出すが大いに関与しています。
という字は、簡略化の前にはの中に米を書きとしていました。の意味は、ゆげ、蒸氣です。お釜がポッポと湯氣を立てて、おいしそうな匂いが漂うようです。本書では、この意味から敢えてにしました。
古人たちは知っていました。お米が体を温め、氣をつくることを。ですから、朝はしっかりとご飯を食べなくてはいけないのです。即席のカロリーだけを摂るような食事は、食事ではありません。お米抜きの食事はをつくらないからです。もちろん、夕飯もご飯を頂きましょう。
玄米
は生きたご飯私たちは、す。食事をすることをご飯ですよ
と言います。
無意識にも、食事はご飯
のことを指していまお米は、日本では主食です。
ところが、驚いたことに主食
の概念は酉洋にはあまり存在しないことを知概念自体、小麦や大麦が主食だと思ったのですが、唖然としました。

治療方針をとることになりました。

やはり私たち日本人は、確立して存在しないようです。
そのお米離れの傾向が近年増加しています。
お米の国の人なのです。
なのに、だから、がなくなっています。
で子どもたちは、でキレています。弱氣
氣落ち
体が冷えて怒氣
氣が滅入り氣を揉み寒氣
がして、になっています。
氣を病んして病氣
イライラし氣が散り氣分が悪く、をはらんで短氣
になって、その逆は、ご飯を食べて精氣にあふれ、元氣いっぱい。を辞典で引くと、『生命の原動力となる勢い活力の源』とあります。
生きているのは、イキるです。イキ、息です。呼吸を止めたら、生きることはできません。呼吸は、氣の出し入れです。呼吸の大切さは、東洋医学では最も重要なこととされ、呼吸を制することが命を左右することだとされていました。これほどまでに大切な呼吸の源は、なのです。
まずご飯を食べましょう。それも、カスの白米ではなく、玄米食にして黒ゴマたっぷりかけて100回は噛んで、食べましょう。
カスは、と書きます。字の如く、白米はカスですよと教えています。こうして古人の智慧は、いたるところに遍在しています。玄米を食べると精氣にあふれ、いつの間にか、あなたの運勢は大きく変わります。
わってきます。思い切り生きて、すばらしい人生を送るのです。そして、運命も当然変さて、人はこの世での使命を果たして、とも言います。あの世に帰ります。
これを帰命
と言います。
または、往生大宇宙の流れに則して、この世での仕事を終えてあの世に戻り、界に往き、真に生きるのです。
天命によって命を授けられ、この世に生まれてきました。
そして生きるということです。
あちらの世誰もが天命によって誕生し、たして帰命するのです。
宿命
を定められ、運命
をあなたがつくり、立命
使命
を果きゅうむあ神道では、あちらの世界に逝くことを、帰幽お移り神上がるお隠れと呼びます。いつでしたか、ある宮司さんが亡くなられたとき、お移りになられましたと会話の中で話しているのを耳にしましたまさに、この世とあの世の関係を見事に表している言葉だと感銘を受けました。
す。死ぬのではなく、移って生きるのです。

ストレスとなってのしかかってきます。

あちらの世界に、移るので出来うる限り納得できる人生を送り、この世での使命を全うして、方をしたいものです。後顧の憂いを残すことがないような生き私がよく例えに出す事があります。
それは人生80年として、あなたはあと何日ありますか?
でも、その3分の1は睡眠に費やされています。また、同様に3分の1は、何かとヤボ用で費やされ、正味実働できるのは約3分の1でしょう。
あと30年、40年あるからいいわ、と安心はできません。あなたが40歳だとしたら、4745日しかありません。50歳ならば、3650日です。ぼやぼやしていると、瞬く間にあちらの世界に移らなくてはいけないときがやってきます。しっかりと目的を見つめ、命を最大限有効に使い切りましょう。

生かされているという言葉は感謝心があると、自ずから口にする言葉ですが、これは当たり前のことで、生き切ることが、真に生きるという意味でしょう。
それには、血となり肉となる食事にもっと心配りをして、ろにももっともっと良い物を食べさせてあげてください。
しないで、高格なこころに仕立てましょう。
体に良い物を食べるようにしたいものです。こここころを低格化するような言葉はできるだけ使用残された時間は無限ではないのですから、ないでしょうか……。
思いっきり生き切ることです。
それが今生に生を受けた使命では

思い出せ!

日本人のすばらしき智恵もったいない
は世界語になった日本人のすばらしい生活理念とでも呼ぶ言葉が、最近、海外で注目され始めています。

      治療を始めるべきケースだと思います。
      うつ病が慢性化して軽症のまま長引いている人には効きます
      治療を転換せず


薬の開発の取り組みがすでに始まっている。 健康寿命で見る 神経などを調べてもやはり異常は出ず