Press "Enter" to skip to content

頭痛が現れます。

症状が起こるわけです。

こうして腸内の圧力が高くなると、中から外に向かって粘膜が押し出されるという現象が起きます。この現象が憩室と呼ばれるポケット状のくぼみを作り出します。けいしつこうなると、ただでさえ量の少ない便は腸の中を進むのがむずかしくなります。その結果、腸の中に長く停滞する停滞便宿便がたまってきます。その停滞便は腸壁にこびりつくようにたまるのですが、そこ憩室があれば、そのポケット状のくぼみに停滞便が入り込み、さらに排出されにくくなります。憩室やひだの間にたまった停滞便は毒素を発生し、その部分の細胞に遺伝子変化を起こさせポリープを作り出します。そしてポリープが成長し、ガン化していくのです。

  • 病気持ちになりやすいのです。
  • 老化のスピードの指標になる。
  • 動脈硬化といいます。

薬は自分に合っているのか新

腸相の悪化は、大腸ガン、大腸ポリープ、憩室炎などさまざまな大腸の病気を起こすだけにとどまりません実際には腸相の悪い人の多くが子宮筋腫、高血圧、動脈硬化、心臓病、肥満、乳ガン、前立腺ガン、糖尿病などのいわゆる生活習慣病を発病しているのです。
きんしゅこのように富·腸相が悪いということは、部からむしばまれているということなのです。ただたんに見てくれが悪いということではありません。
体が内アメリカ人の腸と日本人の腸は何が違うか私が外科医のレジデント研修医としてニューヨークに渡ったのは一九六三年のことでした。
当時のアメリカの大腸検査の主流は、バリウムを大腸に注入してレントゲンで検査するバリウム浣腸
というものでした。しかし、この方法では大きなポリープの有無はわかっても、腸の中の細かな状態まではわかりません。それに、発見したポリープを切除するには、開腹手術をしなければなりませんでした。開腹手術というのは、肉体的にも精神的にも、患者さんに大きな負担を強います。DNAを調べることで診断します。

細胞の働きを抑える作用がある
細胞の働きを抑える作用がある

うつにもなりづらいものです。

それにして腸の中を見るまで、ポリープが良性のものかガンになっているのか区別することができませんでしたの検査方法では、手術を当時も直腸鏡と呼ばれる内視鏡はありましたが、これは金属製のまっすぐな筒状のもので、ばっても、肛門からわずか14センチ程度しか見ることができませんでしたどんなにがんそこで一九六七年に日本で作られた食道鏡を購入し、そのグラスファイバーを用いた食道を診るためのスコープで大腸を診ることを考えついたのです。これが私の「コロノスコープ大腸内視鏡」の最初のものでその後、大腸検査用の長い百八十五センチスコープが開発されるとすぐに購入、そのコロノスコープを使って、アメリカ人の腸を初めて見たとき、私はその腸相の悪さに驚きました。肉を常食していたアメリカ人の腸は、日本人の腸よりも明らかにかたく、短くなっていたのです。さらに、内腔が狭いうえに、まるでところどころ輪ゴムで縛ったようなリング状のでこぼこができていたのです。憩室も多く、そこに停滞便がたまっていることも少なくありませんでした。

症状を起こす

アメリカ人は腸にトラブルを抱えている人が多く、当時は十人に1人はポリープがあるといわれていました実際、私がレジデントをしていた外科の全手術の約三分の一を大腸のポリープ切除手術が占めていました-S二センチほどの小さなポリープを取るためだけに毎日のように開腹手術が行われている現状に、私はもっと患者に負担をかけない方法でポリープを切除することはできないのだろうかという疑問を長いあいだ、感じていましたちょうどそのころ、日本ではグラスファイバーの先にカメラをつけた「ガストロカメラファイバースコブ」が実用化されていました。そこで私は一九六八年六月に、日本のメーカた。それはコロノスコープにスネヤー·ワイヤーを挿入し、開腹せずにそのワイヤーでポリープを焼き切るようなものを作ってほしいというものでした。
一つの画期的な依頼をしまし九年に開腹手術をせず、スポリペクトミーに、世界で初めて成功しそして、試行錯誤した結果、つい何度もニューヨークの駐在員と話し合い、ネヤー·ワイヤーを用いてコロノスコープでポリープを切除するたのです。
こうした技術革新は、同時に胃や食道、小腸などのポリープ切除にもただちに応用しました。

健康な人の白血球数

そして、私がこのコロノスコープによるポリペクトミーに関する症例報告を一九七○年のニューヨーク外科学会で、さらに翌七一年のアメリカ胃腸内視鏡学会で報告したことにより、内視鏡外科という新たな外科分野がスタートしたのです。それから三十四年がたちました。その間、私はアメリカと日本を11対1の割合で活動してきたため、の胃相·腸相の移り変わりをつぶさに見てきています。両国民六0年代に入り高度成長期を迎えた日本は、アメリカに追いつき追い越せとばかりにあらゆるものをアメリカにならいました。一九六一年ごろから学校給食に牛乳が取り入れられ、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品が日常的に食べられるようになり、それまで野菜と魚が中心だった日本の食卓は、ハンバーガーやステーキ、フライドチキンといった動物性タンパクを中心とする高タンパク·高脂肪食が飾るようになってきました。

病気にいたるさまざまな原因が見つかるはずです。
病気にいたるさまざまな原因が見つかるはずです。

薬やコレステロールを低下させる

いまもその傾向は大きくは変わっていません一方アメリカでは、一九七七年のマクガバン·レポートを機に、ました。その結果は両国民の腸相に表れています。国家をあげて食事改善が進められてききれいだった日本人の腸相は、食生活の変化とともに年々悪化し、いまではすっかり肉を常食しているアメリカ人の腸相に似てしまっています。それに対し、アメリカ人のなかでも真剣に自分の健康を考え、高タンパク·高脂肪食を改善した人たちの腸相は、みごとに改善されてきています。その結果、一九九〇年以降は、大腸ポリープやガンの発症率も低下しています。これは食生活を改善することによって、腸相をよくできるというよい証拠といえるでしょう。


DNAを調べることで診断します。 DNAを調べることで診断します。 頭痛が現れます。