Press "Enter" to skip to content

薬はうまく合えば

ホルモンのバランスが崩れて子宮内膜が過剰に増殖

検査を受けたらよいのでしょう。私はそこに一つのキーワードが隠れているエンザイムというのは、科学的にいえば、「生物の細胞内で作られるタンパク質性の触媒の総称」ということになります。かんたんにいえば、生物が生きるために行うありとあらゆる行為を可能にしているもの、ということです。動物であろうが植物であろうが、生命があるところには必ずエンザイムがあります。たとえば植物の種から芽が出るのもエンザイムが働いているからです。その芽が葉に成長し、大きな幹に育っていくときにもエンザイムは働いています。私たち人間の生命活動も、数多くのエンザイムによって支えられています。消化吸収はもちろん、細胞が新しいものと入れ替わる新陳代謝も、体内に入った毒素を分解し解毒しているのもエンザイムの働きです。そのため、エンザイムの量と活性度が健康状態に大きく影響するのです。
頭痛が現れます。

動脈造影を行い

人間の体内で働いているエンザイムは、五千種以上あるといわれていますが、そのすべてが体内で作られているわけではありません。エンザイムには体内で作られるものと食物として外部からとるものの二種類があるのです。そして、体内で作られる酵素も、腸内細菌が作り出しているものが約三千種あるといわれています。よい胃相·腸相の人たちに共通していたのは、エンザイムをたくさん含むフレッシュな食物を多くとっていたことでした。そしてこのことは、たんに外部からエンザイムを取り入れるだけでなく、エンザイムを生み出してくれている腸内細菌が活発に働くような腸内環境をつくるのにも役立っていました。
一方、胃相·腸相の悪い人たちに共通していたのは、エンザイムを消耗する生活習慣でした。お酒やたばこの常用、大食、食品添加物を含んだ食事、ストレスの多い生活環境、医薬品の使用、これらはすべてエンザイムを大量に消費する行為です。そのほかにも悪い食事によって腸内で作り出された毒素や、紫外線やレントゲン、電磁波などを浴びたときに多量にできるフリーラジカル活性酸素はフリーラジカルの一つの解毒にも大量のエンザイムが消費されます。
治療はこのような副作用はないのです

症状を苦痛に感じ


このことからわかるのは、健康を維持するためには、体内のエンザイムを増やす食生活をするとともに、体内のエンザイムを消耗する生活習慣を改める必要があるということです。そしてこのことこそが、私が提唱する新谷食事健康法の根幹となっているものなのです。
現在エンザイムは、健康をつかさどるカギとして世界的に注目を集め、かっていないことはたくさんあります。
研究が進みつつありますが、まだわそのなかでアメリカの酵素研究の第一人者であるエドワード·ハウエル博士は、生物がその一生のあいだに作ることができるエンザイムの総量は決まっているという説を述べています。その一定量のエンザイムをハウエル博士は潜在酵素と呼んでいます。そして、この潜在酵素を使いきったときが、その生命体の寿命の尽きるときだというのです。
頭痛が現れます。

認知症が進みます。

ホルモンの状態を調べます。
この説が本当かどうかは今後の研究成果を待たなければなりませんが、体内にあるエンザイムの量が、その生命体の命運を握っていることは確かです。体内にエンザイムが豊富にあれば、生命エネルギーも免疫力も高いといえます。つまり、体内のエンザイムの消耗を抑え、いかに充分な状態に保っておくかが、健康状態を決定するということです。現在、エンザイムを作ることができるのは生命体だけです。発酵食物のようにエンザイムを多く含む食物を人工的に作ることはできますが、そのエンザイムを作り出しているのは細菌などの微生物です。つまり、微生物が酵素を作りやすい環境を整えることはできても、酵素そのものを人工的に合成し作り出すことはできないということです。新谷食事健康法がを重要視する理由はこ食物を摂取することは、腸内環境を整え、腸内細菌がエンザイムを作るのを助けることにつながります。
ホルモンをつくるのを助ける

細胞を働かすエネルギー

もしハウエル博士のいうように生物がその一生で作ることができるエンザイムの量が決まっているのだとしたらストレスや環境汚染などにより、ただでさえエンザイムの消耗が激しい現代社会に生きるわれわれにとって、自分以外の生命体が作ってくれるエンザイムを効率よく摂取·活用することは、まさに命綱といえるほど重要なことなのです。にあります。
先にも述べましたが、エンザイムを多く含むすべてはミラクル·エンザイム
で説明できるエンザイムとひとことで語ってきましたが、人間が生命活動を行うために必要なエンザイムは五千種以上あります。なぜこれほど多くの種類があるのかというと、エンザイムはそれぞれがたった一つの働きしかしないからです。とはたとえば、同じ消化酵素でも唾液に含まれるアミラーゼ
液に含まれるペプシンはタンパク質にしか反応しません。
は、でんぷんにしか反応しません。
同様に、胃そう考えていくと、一つの問題が浮かび上がってきます。
健康度を反映しているのです

動脈硬化を起こすんです。

ホルモンの分泌が大きく変化する月経前や妊娠中
それは、いくら食物や腸内細菌で酵素を補ってもきちんと必要な酵素を摂取することができるのだろうか、ということです。じつは、いくらエンザイムを豊富にもった食べ物を食べても、そのエンザイムがそのままのかたちで吸収され、人間の体内で働くわけではないのです。なかには大根や山芋に含まれるエンザイムのように、口や胃といった消化器官の中で働くものもありますが、それはほんの一部です。ほとんどの食物の酵素は、消化の過程で分解され、ペプチドやアミノ酸として腸から吸収されてしまいます。なんだ、エンザイムとして吸収できないのなら意味がないじゃないか、と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。私が集めた臨床データは、エンザイムの豊富な食事をしている人は、ボディ·エンザイム体内酵素も豊富に有しているということをはっきりと示しています。