Press "Enter" to skip to content

薬について

検査で調べ

治療の基本
氣が変わると同時に、オーラも当然增拡します。ですから、古来どの宗教でも、合掌したのでしょう。
を感知できる知覚がありました。人間の知覚は、時代を重ねるに従いどんどん退化しています。
それ253分こころを鎮めます。
これも知らず知らずに、氣を浄化してい私は毎朝、祝詞を上げる前に合掌し、ることだったのです。
時間もお金もかからない、すばらしい方法です。一日、何回でも行なってください。
心身一如です。体も心も清浄にすれば、病氣になることはありません。
循環こそ宇宙真理のキーワード大自然を観れば、真理は一目瞭然です。
大地の水分が蒸氣となり、それが雲となり、やがて雨となり大地に降り注ぎ河は海に流れ、それはまた空中へと戻ります。
還元されています。
余談ですが、蒸氣空氣も前述したなのです。また、地球の平均氣温は15度で、水も氷も存在する適切な環境にあります。私たちの故郷、地球は水の惑星です。いつまでも清らかで瑞々しい地球であって欲しいと切に願います。

老化現象が要因になっていると考えられます。
そして大地に目を転じると、微生物を分解する生物があり、植物を育て、植物を食べる動物がいて、動物の遺骸は微生物が分解し、そして無機化して大地に融解し、新たに植物を生み出します。
さらにその植物をみると、光合成によって酸素を出し、その酸素を私たちは吸い生きています。
酸化炭素は、光合成に利用され、使用されています。見事な循環です。
その際排出した11海をみればプランクトンを食べる小魚がいて、その小魚を食べる中くらいの魚がいて、その中魚を食べる大魚がいます。時折、魚をさばいてお腹を開くと、小魚が未だ消化されずにいたりすることがあります。実感として、循環を感じるときです。そして、その魚を食べる私たち人間がいます。その人間の体を見ると、体の隅々にまで循環しているのは血液です『人体解剖学ノート』¥清水勘治

ストレスなど

  • 肺循環-心臓→肺動脈酸素化→肺酸素化→肺静脈→心臓
  • 体循環-心臓→大動脈→全身脱酸素化→大静脈→心臓神業としか言いようのない正確さで体を循環しています。
    血液は、約1分で全身をくまなく巡っています。これまた、すごいスピードです。
    その心臓の心拍数を毎分70回とすると、1日で10万回、1年で3700万回、人生80年としたときには、なんと30億回は拍動していることになります。すばらしい!の一言です。1日を終えて眠りに就くときは、心臓さんにお礼を述べなくてはいけませんね。
    10万回も文句を言うでもなく、せっせと働いてくれているのです。
    心臓から出される血液は、1回につき平均70mlとすると、れを毎分行っているわけです。
    血液は1分間に約4200$8000mです。
    そ心臓から送り出される血液は、1日になんと、してや80年ともなると桁違いの数字となります。
    とになります。6~1トンと大量です。これは一日だけの数字ですから、まとにかく偉大です。心臓は、かなり過酷な労働をしているこどれだけ、心臓や血液に感謝してもしすぎることはないでしょう。

    うつ状態の区別がつかないストレスはかなり軽くなるはずです。なのに、私たちは暴飲暴食をして、ドロドロ血液になっても未だ肉や砂糖を摂り続けるという愚かな行為をしています。猛省しなくては、体さんに申し訳が立ちません。
    血管をみてみましょう。血管を動脈、静脈、抹消血管などの全てをつなぎ合わせると、その長さは10万キロメートルにもなります。これは、地球を2周半する長さです。日常の中で、こんなことを実感することはありませんが、こうして数字をみるとつくづく体は偉大だと感じます。
    食べ物が血となり肉となる、ということは、口にするものは本当に体さんへの心配りが必要です。
    まに、味覚が欲しがるからと食べ物を口にするのは、生命を考えずに食べているようなものです。
    欲望のまときには、内臓の働きについて、過酷な労働を強いてはいなかったか、と考えることは必要なことです。

    薬事法でピコリ

    なたが眠っている間も休みなく働いてくれていることに、感謝しましょう。本当に、たいしたものです。
    あさて、今度は時間についてみてみましょう。
    一日は夜明け·朝·昼·夕方·夜となっています。
    同様に私たちも、生誕.幼児期·青年期.壮年期·老年、そして死を迎えます。
    そして、あちらの世界に移って、また生まれ変わります。
    ですから、一日は一生です。朝に生まれ、夕べに死ぬのです。夜明け、つまり日の出は生誕に当たります。生誕はお祝いです。
    それなのに、のっそりと11時ごろ起きる方もいます。仕事の都合上致し方ない場合は別として、やはり日の出とともに起きるのがいいのでしょう。
    私はだいたい朝の4時ごろに起床します。ちょうど6時半頃にお洗濯物を干すのですが、その頃、すばらしい日の出が拝めます。もちろん、季節によって時刻は変化しますが。

    ホルモンの定説が変わってきている

    このとき毎日、お日様に向かって二拝して、合掌します。早寝早起きは、三文どころかお金では買えない徳を頂戴できるものです。
    もちろん、体にとっていいことは言うまでもありません。
    さて、床に就くときは、今日の出来事を総て忘れ平和な氣持ちで眠りに入らなくてはいけないのです。
    邪念をもったまま眠りに就くことは、潜在意識に刻印されることにもなりますので、よくよく注意することです。その反対に、輝くような喜びの想念を抱いて眠りに就くと、運勢はどんどん好転します。
    たものにしましょう。こころの底の底まで、空っぽにして眠りに就きます。喜びも静寂を伴っいろいろ思い巡らすこともあるでしょうが、今日という一日は過ぎました。過去を追いかけても、いことです。それよりもすばらしい明日を創り出すことにエネルギーを向けた方が賢明です。
    意味のなさて、一日はまた四季にもたとえられます。春は朝です。夏は昼。秋は夕暮れ。冬は夜中です。
    自然医学では冬に溜め込んだ毒素出しを春に行い、夏は汗を流して体を清浄にし、秋は大地の恵みを頂き冬は静かにこころを見つめます。

      1. うつにはなっていないでしょう。
      1. 症状を和らげることも可能です。
      1. 予防につながるというストーリーが生まれました。

    ストレスはかなり軽くなるはずです。 治療の現状です。 薬について