Press "Enter" to skip to content

細胞がとりまいて

認知症がどんどん進行してしまうのです。

医学界でコンセ昔また充分な胃酸がないと鉄やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルの吸収が阻害されます。胃潰瘍や胃ガンの手術を受けた人は必ず貧血を起こします。が、それは胃を切除したことによって胃酸が分泌されなくなったためなのです。
さらに、胃酸を抑えてしまうと、腸の中の細菌バランスが崩れ、免疫力を低下させてしまいます。人間の腸のなかには約三百種、百兆個といわれる膨大な数の腸内細菌がすみついていますが、そのなかにはビフィズス菌などのいわゆる善玉菌も、ウェルシュ菌のような悪玉菌も含まれています。腸内細菌のなかで大多数を占めているのは中間菌といわれる、もともと善玉でも悪玉でもない菌です。これらは腸内に善玉菌が増えれば善玉菌になりますが、逆に悪玉菌が増えれば悪玉菌になってしまうという性質をもっています。
健康保険の適用になりました。

動脈硬化にもよい影響を与える。

ですから善玉菌と悪玉菌のバランスが、腸内環境のよしあしを決めているのです。胃酸の分泌が不充分だと、消化酵素が活性化できず、食べ物は消化不良の状態のまま腸へと進みます。そのため本来なら腸で消化吸収されるはずの食べ物が、不消化物として腸内に残存してしまいます。人間の腸内の温度は三七度近く、これは真夏の暑さに匹敵します。そんな環境に食べ物のカスが残っているのですから、当然のごとく腐敗·異常発酵が起きます。症状がある場合が多い

治療が中心でした。


これにより腸内では悪玉菌が異常繁殖し、免疫力が低下してしまうのです。そのようなところに、さらに胃で食い止められなかったばい菌が入り込んでくるのですから、らないほうが不思議かもしれません具合が悪くなこのように、胃薬を飲めば飲むほど体はダメージを負っていきます。
では、どうしたらよいのでしょう。答えは簡単です。胃薬を飲みたくなるような胸やけや膨満感が起きないなぜ胸やけや膨満感が起きるのかを知っていれば、ようにすればいいのです。
ぐことができます。それはちょっとした心がけで防胸やけは、食道に胃酸が逆流してくることで生じます。もともと食道というところはアルカリ性になっているので、酸には弱い場所なのです。そのため普段から人間は、胃酸が上がってくると、無意識のうちにアルカリ性の唾を飲み込むことで、逆流してきた胃酸を洗い流しているのです。
薬はうまく合えば

薬の効果が薄いのに比べ

うつが長引いている人
しかし、食べすぎや消化不良などによって、唾では洗い流しきれないほどの酸が上がってくると、食道にびらんというひっかき傷のようなただれができてしまいます。そこにさらに胃酸が来ると、傷口にアルコールをぬるようなものですから、痛みや不快感を伴う胸やけという症状が起きるのです。胃薬を飲むと胸やけがスーッとひいていく感じがするのは、逆流している胃酸が抑えられるからなのです。つばつまり、胸やけを防ぐには、胃の中のものが逆流してこないようにすればいいということです。それにはまず暴飲暴食とたばこ、アルコール、コーヒーなどを控えることです。そしてもう一つ大切なのが、夕食は寝る四-五時間前には終え、寝るときには胃をからっぽの状態にしておくということです。うもう胃の粘膜には絨毛という小さな突起があり、そこから胃酸が分泌されているのですが、胃酸を抑える胃薬を飲みつづけていると、その絨毛の機能が低下し、どんどん短くなっていきます。これが粘膜の萎縮です。粘膜の萎縮が進むと、胃粘膜が薄くなるため炎症を起こしやすくなり、萎縮性胃炎へと移行します。
神経の働きです。

検査に軽い異常があって発見されます。

萎縮性胃炎を起こしている胃は胃酸の分泌が少ないので、ピロリ菌や雑菌の温床となりやすく、ますます粘膜の炎症を悪化させ、最後には胃ガンを発生させてしまいます。
日本人の胃ガン患者の九〇%に感染が認められるピロリ菌ですが、ピロリ菌は胃の粘膜を胃酸から守っている粘液の中や粘膜細胞の中にもぐり込むことができるので、胃酸が出ている人のなかにも感染者はいます。さらにピロリ菌は経口感染するので加齢するほど感染率が高く、五十歳以上の日本人のピロリ菌感染率は六〇七〇%といわれています。ピロリ菌感染が必ずしもガンの発生に直結するわけではありませんが、酸剤を含む胃薬の服用はできるだけ避けたほうがよいのです。ピロリ菌の増殖を防ぐためにも、制薬はすべて基本的に
である日本人は、とても気軽にを服用します。
検査を受けたことがある女性は少ないのではないでしょうか。

神経を伝わって起こる

ストレスを解消するにはたしかにっそう交感
でも薬はすべて基本的には体にとってだということを覚えておいてください。化学薬品を嫌う人でも、漢方薬なら副作用もなく体に害がないと信じている人がいますが、それも間違いです。漢方薬であろうが、化学薬品であろうが、薬が体にとって毒であることに変わりはありません。
私は十九歳のときにインフルエンザにかかったのを最後に、病気というものにかかったことがありません。
そのため薬もほとんど飲んだことがないのです。私のように何十年も薬を飲まず、酒やたばこはもちろん、農薬や食品添加物の入らない食事を続けていると、少しでもが入ると体は非常に敏感に反応します。たとえば、化学調味料の入ったみそ汁を飲むと、脈拍が110ぐらい多くなり、顔にカーッと血が上っていくのがはっきりとわかりますし、コーヒーをカップに1杯飲んだだけでも、血圧が一0S二0は上がります。私のように少量の薬にも反応する人をいまでは薬品過敏症というようですが、私にいわせればそれはまったくの逆です。