Press "Enter" to skip to content

病気との関連を明らかにできれば特許取得も可能

ストレスはひどくなるだけでなく

日本人の胃ガン発生率はアメリカ人の十倍腸相は肉食文化の影響でアメリカ人のほうが悪いのですが、胃相はじつは日本人のほうがアメリカ人より悪い人がはるかに多いのです。私はアメリカ人と日本人、両方の胃を診ていますが、胃の粘膜が薄くなる萎縮性胃炎になる人は、私の臨床経験では日本人のほうが二十倍近くも多いのです。そして、萎縮性胃炎は胃ガンを発生させることが多いため、胃ガン発生率も日本人のほうが十倍も多いのです。現在、アメリカも日本も肥満は大きな問題となっていますが、アメリカ人のような太り方をしている日本人はあまりいません。じつは日本人はあそこまで太ることができないのです。そのことは、太ることが義務づけられているお相撲さんの世界でも、小錦のような体になれる日本人力士がいないことからもわかります。

  • うつはつらくて不安でやる気が出ずに落ち込む……という
  • 認知症がミックス
  • 認知症に詳しい

病気にもなります。

日本人があそこまで太れないのは、そこまでいく前に胃を悪くして食べられなくなってしまうからです。
まり、アメリカ人があそこまで太れるのは、それだけ消化器官が丈夫だからといえます。
つ内視鏡で胃を診ていて不思議に思っていたのですが、日本人とアメリカ人では、症状の感じ方にかなりの差があります。日本人は診てみるとたいした病状でもないのに、胃の痛み、不快感、胸やけなどの症状を訴えることがとても多いのです。ところがアメリカ人は、胃や食道の粘膜がかなり荒れていても日本人ほど胸やけを訴える人はいませんこうした違いが生じる理由の一つに、食事に含まれるビタミンAの量があります。ビタミンAは、胃に限らず目や気管などあらゆる粘膜をプロテクトする働きをもっています。そうしたビタミンAを多く含んでいるのはです。日本の食事も欧米化したとはいえ、油やバターなどの乳製品、卵などの摂取量はアメリカ人にははるかにおよびません。病気との関連を明らかにできれば特許取得も可能

うつ状態が統合失調症の始まりということも。
うつ状態が統合失調症の始まりということも。

検査で発見できます

こうした食物は、体全体の健康を考えるとよくないのですが、粘膜のプロテクションという意味においては効果があるのだと思います。アメリカ人の胃腸が丈夫な理由として、もう一つ考えられるのが消化酵素の量です。消化酵素というのは食物を分解し、体内に栄養素を吸収させる働きをするエンザイムのことです。食べ物の消化吸収のよしあしは、この消化酵素の量で決まります。消化吸収は、唾液、胃、十二指腸、膵臓、小腸と消化の段階にあわせてさまざまな消化酵素が出されることにより段階的に進みます。その際に、各臓器で消化酵素が充分に分泌されていれば消化吸収はスムーズに進みますが、消化酵素の分泌量が不充分だと、消化不良を起こし臓器に負担がかかってしまいます。

うつの人を長期間

だえき日本人の多くが、胃粘膜の状態がそれほど悪くないのに、胃痛や胃もたれなどの症状を感じやすいのは、化酵素の量がもともとアメリカ人よりも少ないからだと考えられます。消さらに、日本人は胃の調子が悪いとすぐに胃薬を服用しますが、アメリカ人は胃薬をあまり飲みません。彼らが飲むのはサプリメントの消化酵素です。これは日本では市販されておらず、必要に応じて医師が処方するようになっています。しかし、アメリカでは消化酵素は非常にポピュラーなサプリメントで、健康食品店で簡単に購入できるうえ、毎日飲んだとしても1か月14ドル約二千円程度しかかかりません。
そしてじつは、この胃酸を抑える薬をすぐに服用するということが、日本人の胃を悪化させるのにさらに拍車をかけているのです。

薬なしでも眠れるような工夫をしてみるべきでしょう。

最近日本で人気の高いH2ブロッカーや「プロトンポンプインヒビタープロトンポンプ阻害剤」配合の胃薬などは、胃酸の分泌を抑える働きが高いことを売りにしていますが、胃酸を薬で抑えてしまうと、胃粘膜は萎縮してしまいます。胃粘膜の萎縮が進むと胃ガンへと発展していくことは、す。でにお話ししたとおりです。ですから、胃もたれや胃痛を感じる人は、医師にきちんと自分の体調を伝え、症状にあわせたエンザイム.サプリメントを処方してもらうようにしてください。また、最近は日本でも海外のサプリメントが購入できるようになってきているので、安易に市販の胃薬抗酸剤·制酸剤を飲むのではなく、エンザイム·サプリメントを上手に活用するようにしてください。消化エンザイムのサプリメントを飲むことで、胃の具合は充分に改善されます。胃薬を飲めば飲むほど胃は悪くなる人間の体には非常に強い酸で保護されることによって正常に機能する場所が二か所あります。一つはもう一つは女性のです。この11か所はどちらもpH·五S三という強酸を示しますが、なぜこれほど強い酸が出ているのかというと、一つはばい菌を殺すためです。
お風呂に入ったり、セックスをしたりすると、女性の膣にはどうしてもばい菌が入ります。
てくるばい菌を殺すために、膣では強酸が乳酸菌によって作られているのです。

薬の副作用を知らないと大変なことになる!
薬の副作用を知らないと大変なことになる!

予防になります。

そうした侵入し一方、胃にもさまざまな食物とともにばい菌が入ってきます。食事のたびに胃に入ってくるばい菌の数は三千億とも四千億ともいわれています。そうした膨大な数のばい菌を胃液に含まれる強酸がその大部分を殺してくれているのです。つまり、この二か所はどちらも外部から侵入してくるばい菌を殺すために必要だから強酸が出ているのです。
体を守るために必要不可欠なその胃酸を薬で抑えてしまったらどうなるでしょう。胃をフリーパスしたばい菌の中に毒性の強いものがあれば、下痢やさまざまな病気を引き起こしてしまうでしょう胃薬が体に与える害はそれだけではありません。胃酸の分泌が抑えられてしまうと、消化酵素を活性化させるペプシンや塩酸が不足し、消化不良を起こしてしまうのです。


病気との関連を明らかにできれば特許取得も可能 検査を受けたことがある女性は少ないのではないでしょうか。 病気の概念です。