Press "Enter" to skip to content

健康保険の適用になりました。

腰痛や坐骨

これは読んで字のごとく「まだ病気になってはいない」という状態を表す言葉です。つまり、健康とはいえないが、まだ病気になってもいないという病気の一歩手前の状態です。現在の日本人には、じつはこうした未病の人がとても多いのです。
自分は健康だと思っている人のなかにも、慢性的な便秘や下痢、不眠症や肩こりなどに悩まされている人は少なくないはずです。こうした症状は、未病の体が送っているSOS信号といえます。いつものことだからと軽く見ていると、大きな病気に進行してしまう危険性だってあるのです。の長寿国になりました。
長生きは戦後、日本人の平均寿命は右肩上がりで延びつづけ、いまや日本は世界一人類共通の願いですから、これはとても喜ばしいことといえます。

  • 心筋梗塞が起こったとき
  • 薬を服用するということ自体に抵抗感があるように思われる。
  • ホルモンが多量に分泌

神経いうてもどこかわからへん。

しかし、平均寿命の数字だけを見て単純に喜んではいけません。なぜなら、その数字には健康状態が反映されていないからです。元気に日常生活を送っている百歳の人も、病気で寝たきりの百歳の人も、そこではまったく同じ百歳の人としてカウントされています。二人は同じ百歳ですが、人生の充実度は同じとはいえません。いくら長生きできても、健康でなければその長い人生を有意義に過ごすことはできないからです。寝たきりでもいいから、病気で苦しみながらでもいいから長生きしたいという人はいないでしょう。
あってこその長生きなのです。
健康であなたの身近にいるお年寄りの姿を思い出してみてください。その人の健康状態が、あなたがその年齢に達したときのものだとしたら、それは満足のいくものでしょうか?残念ながら、ほとんどの人の答えがノーだと思います。機能が低下するということと、高齢になれば、健康な人でも体の機能は低下します。
いうことはまったく別のことです。
しかし、病気になるとでは現在、高齢者の多くが多額の医療費を必要とするほど健康を害してしまっている原因はどこにあるのでしょう。
元気に生活している百歳の人と、寝たきりの百歳の人、その違いを生んだのは、年齢ではありません。両者の違いは、それまでの百年間をどのように積み重ねてきたのかによって生じるのです。健康度を反映しているのです

ストレスをどうやり過ごす。
ストレスをどうやり過ごす。

治療ですみます

ひとことでいえば、健康でいられるか否かは、その人の食事·生活習慣しだいということです。食事、水の補給、嗜好品の有無、運動、睡眠、仕事、ストレスといった日々の積み重ねが、その人の健康状態を決定しているのです。となると問題なのはどのような生活習慣を身につければ、健康で長生きできるのかということです。
ちまたんらん現在、健康市場は巨大なマーケットとなっています。巷にはさまざまな健康法が氾濫し、これさえ飲んでいればと高い健康効果をうたうサプリメントや健康補助食品も無数に販売されています。それでもテレビや雑誌でこれが体にいいといわれると、翌日にはその商品が店頭から消えるほど売れるといいます。

健康的に生きるかが問題になります。

これは何を意味しているかというと、何が本当に健康によいのか、ほとんどの人はわかっていないということです。
正しい知識をもっていないから、マスコミや企業宣伝に踊らされて右往左往してしまうのです。
流行の健康法にはウソがいっぱいあなたは健康の維持·増進のために、普段から心がけていることがありますか^定期的な運動、サプリメントや漢方薬、食事内容に気をつかっている人も多いのではないでしょうか。
そうした努力に水を差すつもりはありませんが、いま行っている健康法が本当に効果のあるものかどうかぜひ一度自分の健康状態をチェックしてみることをお勧めします。なぜこのようなことをいうのかというと、一般的に健康によいといわれているもののなかに、実際には健康に害をおよぼすものがたくさん含まれているからです。

神経回路を走る電気信号によって行なわれている

とくにに関する健康法には、かえって健康を損なう危険を含んだものが少なくありませんたとえば、あなたは次のような健康法を信じて実践していませんか^腸のために毎日ヨーグルトを食べるようにしているカルシウム不足にならないよう、毎日牛乳を飲んでいる果物は太りやすいので控え、ビタミンはサプリメントでとるようにしている太りすぎないよう、ごはんやパンなど炭水化物はなるべく控えるようにしている高タンパク低カロリーの食事を心がけている水分はカテキンの豊富な日本茶でとるようにしている水道水は残留塩素を抜くために、必ず一度沸騰させてから飲んでいるこれらはどれも一般的に健康によいといわれていることばかりです。

症状の人もいます。
症状の人もいます。

ケア·なによりも禁酒が肝心。

ところが、胃腸内視鏡医である私にいわせれば、これらはすべて胃相·腸相を悪くする間違った健康法
なのです。事実、私は毎日ヨーグルトを食べているという人で、よい腸相の持ち主に会ったことがありませんアメリカ人の大半は毎日たくさんの牛乳を飲みますが、非常に多くの人が骨粗鬆症に悩まされています。カテキンの豊富なお茶を毎日飲みつづけた日本人は、とても悪い胃相をしています。お茶の先生など仕事で大量のお茶を飲んでいる人には、胃ガンの前駆症状ともいえる萎縮性胃炎を起こしている人が少なくありませんいしゅく胃相·腸相の悪い人に健康な人はいません。
では、胃相·腸相を悪くするようなものが、なぜ健康にいいともてはやされているのでしょう。
それはその食物に含まれる一つの成分の効能しか見ていないからだと思います。


健康度を反映しているのです 病気との関連を明らかにできれば特許取得も可能 DNAを調べることで診断します。